オフィス移転はよくあること

オフィス移転はどんなジャンルの会社にもよくあることです。その理由はいろいろと考えられます。良い方向へと考えるのなら、新社屋を建設することになったという場合です。つまり、会社が軌道に乗り、自社ビルなどを建てられるようになったことで、引っ越しを余儀なくされることがあります。同じように良い意味で他に考えられることは、もっと人口の多いところにオフィス移転することになった場合です。当然、人口が多い地域に引っ越した方が、仕事の幅も広がります。これは社員の立場で言うと、栄転ということになります。一方、あまり良くない意味で考える場合には、節約のためです。少しでもコスト削減にあたるために、小規模なオフィスに移転するということがあります。コスト削減はどこの会社にとっても必要なため、また軌道に乗れば同じような規模に戻ることもできます。

オフィスの移転を考えたら計画を立てていきましょう

企業がオフィスの移転を考えた時、一般的な引越しと違い想像以上に時間と労力、そして費用が必要になります。移転のサポートをしてくれる業者を探す事も重要ですが、それ以前にしっかり計画を立てておく事が重要となります。始めに長い目で見た目的を明確にしておく事が大切です。将来事業の縮小、拡大のどちらを検討されているかによって資金や間取りなどが変わってきます。事前に考えておく事は難しいですが、今後の人員計画、資金調達、上場のタイミングなどをしっかり把握させておきましょう。そして、いつまでに解約予告すれば良いのか、という事も調べておきましょう。現在契約しているオフィスの契約書を確認して、契約更新なども含めて見ておきましょう。何より重要な事が移転に掛ける費用です。契約金、内装工事費、それと現オフィスの原状回復費用も頭に入れておきましょう。

オフィスの移転を行うポイントについて

オフィスの場所の変更を行う場合は、どのようなポイントに注意をするべきでしょうか。さまざまな理由で別の場所を選ぶことになるはずですが、なるべく移転を行う先では無駄な出費を抑えることができる場所を選ぶことが大切でしょう。例えば、オフィスにはさまざまな設備が必要になります。電気やガス、水道の設備やトイレ、そしてインターネットの環境も必要になってくるでしょう。こうした環境が既に整っている場所を選ぶことが大切で、無駄な出費も抑えることができるはずです。なるべく初期投資を減らすことが、賢いオフィス移転のポイントになるでしょう。また、最近ではレンタルによる物もたくさん増えています。打ち合わせに使用する机や椅子、またお客様用のソファーなどもレンタルができます。上手に活用して、リーズナブルな移転を行うようにしましょう。

社長室だけ、会議室だけといったオフィスのプロデュースもお任せください。 弊社と他社との違いは「日本一お客様を大事にする」行動指針に基づいた、オフィスデザインのご提案を通じてお客様の業績向上に貢献することです。 これからますます発展されます企業様のために、活気あるオフィスデザインを多角的に提供いたいしております。 オフィスの移転ならフロンティアコンサルティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)