東京は物価も貸事務所も、他県より高めです。

東京は他の県と比較すると、物価のほとんどの相場が高めといっていいでしょう。土地や住居に関してはそれが顕著に表れているのではないでしょうか。例えば都心の車庫などの賃貸料があれば、地方の一人暮らし向けのアパートなどが借りれるほどです。貸事務所なども企業の集中している都心はそれなりの賃貸料が発生します。また、都心のオフィスビルや商業施設などが入っている最新のビルのオフィスであれば、かなりの収益をあげている会社や有名な企業ばかりが名を連ねています。そのような物件を借りるのは無理でも、やはり仕事上都心やその近くに事務所を借りたいというケースが多いのではないでしょうか。そのような時は、築年数の古いビルや都心から少し離れた場所で物件を探してみてはどうでしょう。運が良ければ驚きの格安物件に出会える可能性があるかもしれません。

東京で貸事務所はエリアから探す

東京には現在23区があります。その他その西側には市なども存在します。23区においても多少特徴があり、北部になると少しのどかなところもあります。南部になれば下町情緒が感じられるところがあります。一方では区内全体がオフィスなどであふれているようなところもあります。都内においては交通網などは整備されていますが、どこでオフィスを構えるかによっては活動の仕方が変わります。貸事務所を利用するのであれば、エリアから探すことがあります。中心になる区から、それを取り囲むような区まであります。中心の区になると利便性に関しては申し分はありません。しかし賃料はそれなりに高いです。賃料分の売上を上げられるかになるでしょう。その周辺においては賃料は下がりますがイメージとしてはあまり良くないかもしれません。会社にはそれぞれ住所が付けられます。

東京で貸事務所を探すときは沿線から探す

元々地方を拠点にしている会社が東京にも営業拠点を設けるために事務所を開設する場合があります。一応は顧客があるもののまだ少ないです。一方ですでに拠点はあるものの、もう少し効率よく活動をするために別の拠点を探すことがあります。今ある事務所からだと社員が通勤をし難い、そこから客先に行くのに行きにくい、客先から来てもらいにくいなどがあります。貸事務所を探すときには沿線から探すことがあります。現在の顧客の分布などを見て顧客が多い沿線があるならそちらで探せば活動がしやすくなります。まずはその沿線を中心に顧客を増やしていこうとすることができます。また、これから開拓をしたいところがあり、その活動に便利な沿線があるならそこで探すことがあります。新たに進出するときにもどこを中心に活動するかを決めてから探すようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)