東京の貸事務所ではデスク以外のスペース

お客さんがよく来るようなオフィスにおいては応接室や会議室のようなスペースが必要になります。更には会社内の商品を展示したりするショールーム等を用意することがあります。写真などで見てもらってわかるようなものなら良いですが実際に手にとってもらわないとわからない、操作をしてもらわないとわからないのであればそれをすることができるスペースが必要になります。必要なスペースです。東京の貸事務所においてはデスク以外のスペースが必要になることがあります。それも考慮して探す必要があります。初めて事業をするときにはそれほど考慮する必要もないですが、すでに事業を開始していて一定の顧客がいる場合にはその顧客に対する対応ができなければいけません。自社内になくてもビル内に貸し会議室があってそちらで対応できることもあります。それなら賃料も安くできます。

東京で貸事務所を探す

東京で貸事務所を探すとなると、何点かポイントがあります。まずは、立地条件です。例えば、店舗兼事務所という形で使いたいのであれば、人が多くいるところや同業者があまりいないところがいいです。事業が上手くいったり軌道に乗せられるかは、場所によって違ってきます。駅の周辺などは好立地条件です。そして、不動産会社を通して借りるのが一般的なため、いい物件を持っているところを探したりする必要があります。最近はホームページで検索ができるようになっており、場所の確認だけでなく賃料も掲載されています。そして、相場を見てみる必要があります。例えば、東京の千代田区の場合10坪で10万円から15万円くらいというところが多いです。こちらに関しては、ビルの階数や交通の便によって異なります。そして、オプションとして光ファイバーなどもあるのでその分プラスに必要になることがあります。

ネットで東京の貸事務所物件探しをする時のコツ

東京都内には星の数ほど貸事務所があると言ってもいいくらい多くの物件があります。そのため効率よく物件情報を探そうとすれば、インターネットの不動産物件情報サイトを活用することが有効です。しかし、インターネット上の不動産物件情報サイトに掲載される物件情報というのは、あらゆる不動産業者が自由に利用できる大元の情報源から転載されたものなので、情報としての新鮮さには欠けるという点があります。ただし、こういった出回り過ぎている情報をいろいろなサイトでチェックし続けていけば、次第にエリアごとや物件の規模ごとの相場観を培うことができます。そうやって磨いた相場観は、直接、不動産業者の担当者から希望する条件に沿った物件情報を引き出す際にとても有効になります。まずは、物件探しのために自分を磨くところから始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です